【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

下見に来てもらって後でトラブルにならないようにしよう

見積もりの際に重要なことって何だと思いますか?
荷物の数?交渉?営業スタッフの人柄の良さを調べること?
確かにこれらも重要なのですが、もっとも大切なことは不用品は含めずに業者にしっかりと伝えることです。

 

もし不要な荷物を伝えないままに下見の際に申告してしまうと、それも含めた見積もりを取られてしまいます。
これによって、高く見積もりされる可能性があるので注意が必要となります。
ですから、しっかりと業者と意思疎通ができるようにしておきましょう。

 

誰だって安心できる引っ越し業者へ見積もりを頼みたいものですよね。
そうともなると、やはりとにかく評判がよく、CMなどでも有名な業者がいいと思ってしまうものですが、
そういった業者は大手なので、宣伝費をかけるだけのお金があるということ。

 

つまり、作業はすばらしくても引っ越し料金は別の話というわけです。
だからこそ、まずはネットを使った相見積もりで料金を安くする方法という記事でも紹介した一括見積もり依頼をしましょう。
引っ越し料金を少しでも安くしたいなら、やはり一括見積をつかうのがベストです。

 

見積もりの際は、不備がないようにしっかりと話し合ってください。
不用品も含めて伝えてしまうと、トラックの台数なども変わってくるので高額になることもありますよ。

 

 

後にトラブルにならないように

 

引っ越しのトラブルは少なくありません。
特にトラックに荷物が乗り切らずに、もう一台用意することになったなんてケースも。
当然、この場合はもう一台分の料金が加算されるので注意が必要です。

 

そもそも、これは業者が悪いのではなく、契約者の責任です。
しっかりと荷物量を把握して伝えなかったことが原因でしょう。
ですから、不用品があるなら、早めに処分することをおすすめします。

 

引っ越しの際は、持ってくものだけで固めておきましょう。

 


ページの先頭へ戻る