【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

引っ越し用に自分でダンボールを集める際の注意点

引っ越しにダンボールは必要不可欠な存在ですよね。
だからこそ、ダンボールもいくつか自分で用意しなければなりません。
最近では引っ越しを業者との契約が決まれば、ダンボールを提供してくれることがほとんどですが、
なかにはダンボール費用が別途発生するところもあるので注意しましょう。

 

荷物を入れるダンボールは引っ越しを何度も行っている人なら熟知していると思いますが、
想像以上に多くなり、さらに重くなる傾向にあります。
ですから、必要以上にダンボールを用意しておいて損はないということになります。

 

一人暮らしをしている方だと、荷物が少ないなので、ダンボール数も少しでいいやと考えるはず。
しかし、いざダンボールに荷物を詰め込むと、
結果として全然ダンボールが足りないなんてケースは少なくありません。
荷造りでもっともやってはいけないことは、ダンボールが不足して中断してしまうことです。

 

荷造りが停滞してしまうと、どんどん引越し日が迫るばかり。
だからこそ、ダンボールは多めに調達しておくことをおすすめします。

 

多めに用意して荷造りに取り組めば、きっと困ることはないはずです。
それにダンボールを自身で用意すると、その分割り引いてくれる引越し業者も存在します。
これは一括見積もりなどでもチェックすることが可能なので、忘れずに確認しておきましょう。

 

一括見積もりをするなら、こちらの記事で紹介した
ネットを使って料金を安くする方法を参考にしてみて下さい。

 

 

ダンボールは底が抜けないように注意

 

荷造りでどんどん荷物を詰め込んだダンボールは重量が増してパンパンになっています。
だからこそ、底が抜けないように工夫することが大切です。
もっとも効果的なのは、底面に十字にガムテームを貼り付けること。

 

こうすることで、強度を高めることができるので絶対にやっておいてください。
基本的にガムテープを使用しないで、底面を組立てるのはやめましょう。

 


ページの先頭へ戻る