【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

休日の引っ越しはどのくらい割高なの?

引っ越し料金は誰でも安くしたいのが本音だと思います。
だとするなら、基本的に祝日を選択しないようにしてください。
引っ越し業者のほとんどが、土日祝日は割増料金となるため、従来よりも割高になります。

 

どこの業者もそうなのですが、休日割増だとだいたい2割ほど割高になる計算です。
さらに深夜早朝割増というものもあり、
なかなか引っ越ししない時間帯を選んでしまうと3割ほど割り高になる計算になります。
このように引っ越し料金というのは、曜日や時間帯によって大きく事なります。

 

ですから割増料金をどうやって回避するかが大切になるのです。
少しでも引っ越し料金を安くすませようと、荷物を減らすという方もいますが、
結局のところ祝日などに引越しをしてしまうと無意味な結果になることもあります。

 

単純に2割ほど割高になるということは、引っ越し料金を0.2倍することにあります。
だいたい1万円くらいの差が出てくるので大事だと思います。
土・日曜日や祝日を避けることで、不要な費用を払わずに済むのです。

 

ただし、業者によっては祝日などであっても、割増にならないところもあるようです。
しかし、そういった引っ越し業者は信頼に値するかわからないので危険です。
だからこそ、複数の業者から見積りを取ることが大切になってきます。

 

いかに多くの業者を比較し、祝日でも安くしてくれる業者がいるかを確認することも大切でしょう。

 

 

時期の見極めが大切

 

引っ越しが多いシーズンも割高になってしまうので注意しましょう。
特に3・4月は新生活シーズンなので、祝日レベルの割増ではすみません。
もっと割高になるので、業者が繁盛するシーズンは避けるべきでしょう。

 

だからこそ、引っ越しの需要がないシーズンに引越しをしたほうがいいと思います。

 


ページの先頭へ戻る