【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

ダンボールに目印を付けよう

基本的に荷物が多かったり、大家族の引っ越しとなると、運ぶ荷物の区別が曖昧になります。
だからこそ、荷物をわかりやすくするめの工夫が必要となります。
もっとも簡単に区別するため方法は、ダンボールに目印をしておくことです。

 

目印をつけるポイントとしては、一つ箱に詰め終わったら書く習慣をつけることです。
そして必ず表面に「○○」が入っていることがわかるように記載し、
「設置場所」が分かるように記載することも大切だと思います。

 

新居先の部屋数が豊富なら、色分けをすると効果的だと思います。
もしくは、部屋に名前などを記入しておくといいでしょう。
マークはわかりやすくするために、箱の上部だけでなく、側面にも記載するのがベスト。

 

いずれにしても、ダンボールは積み重なると何がなんだかわからなくなります。
ですから、誰が見ても一目瞭然となる書き方がいいですね。
また、タンスやクローゼットを運ぶ場合も、中身を記載しておくと整理しやすくなります。

 

荷解きが簡単になる工夫をするように荷造りするのがポイントです。

 

 

2世帯住宅のメリットって?

 

2世帯住宅のメリットとして挙げられるのは、やはり安心感を持てることでしょう。
困ったときに、すぐにお互いにサポートしあえます。
それに親と同居するメリットは計り知れないものがあり、急な子供の世話なども任せられます。

 

それだけでなく、家事も頼むことができますし、
親が病気になどになった場合、すぐに介護をしやすいメリットもあるのです。
また、建築費や固定資産税といった税金問題も分割することができるのでおすすめです。

 

大変な子育ても祖母がいることで、安心できるはずです。
2世帯住宅は大きく分けると、同居型と部分共有型がありますが、暮らしやすい方を選択しましょう。

 


ページの先頭へ戻る