【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

新居のなかを早めにメジャーで測ろう

新居にはそれぞれ家具を置くことになります。
だからこそ、まずは新居でも使用する予定の家具のサイズを早めに測定しましょう。。
家具はできるだけ正確に測定し、高さと幅、奥行きをしっかりとチェックしておいてください。

 

適当にメジャーを使って測ってしまうと、新居にフィットしないか、運べないなんてこともあります。
もっとも注意したいのが、家具が新居のドアを通れるかどうかなのです。
そして何よりも、エレベーターに乗るかどうかも重要です。

 

物件によっては、幅が狭い通路もありますので、正確な測定は重要です。
できるだけ新居の内覧会や内見の際に測定してしまうのが賢明です。
その際は、必ずメジャーを持参するように心がけてください。

 

収納家具は誰にとっても必要なアイテムですが、部屋には入っても、
肝心のドアから入れられるかが不透明です。
基本的にスライド式のドアだと、出し入れしやすいのですが、立てかけがほとんどでしょう。

 

ですから、前開時の入り口の幅をチェックしておきましょう。
特にサイズが大きい家具や家電などは大きすぎてドアからでは無理というケースもありあす。
ですので、事前に運搬をどのようにするかを確認をしておくことが必要です。

 

 

高層マンションなどへの引っ越しは・・・

 

高層階のマンションは、セキュリティにしろ何にしろ、住みやすい環境が整っているものです。
しかし引っ越しともなると、簡単ではありません。
特にベッドなどの大型寝具などがエレベーターに入らないケースが多いとのこと。

 

だからこそ、前もって部屋の寸法を測定することが重要です。
そして、家具の寸法を測って、安全な引越しができるようにしましょう。
高層マンションでエレベーターの中に入らない・・・なんてことになったら、大変です。

 


ページの先頭へ戻る