【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

子供の転校手続きを早めに済ませよう

引っ越しを終えて、ホッとするのはまだ早いです。
特に学生のお子さんがいる方は、早めに転校手続きを済ませないといけません。
それに転校手続きは単純ではないので、公立校と私立校でやり方が異なります。

 

各手続きのやり方に関しては、事前に転校を希望する学校に確認することをおすすめします。
ここでは、公立の小中学校の転校手続きについて解説していきます。
是非、参考にしてください。

 

転校手続きに必要な転入届を出すために、まずは市町村役所に足を運んでください。
そこで一通りの転入届の手続きを済ましたら、住民票を新たなものに書き換える必要があります。
ですので、転入届けと一緒に発行してもらうように心がけてください。

 

ちなみに新しい住民票は転校に必要となるので注意してください。
教育委員会に住民票を持参して、話を進めていきましょう。
ちなみに教育委員会の詳細については、近くの市町村役場で知ることができます。

 

教育委員会の役割としては、これから転校する学校の指定を行ってくれるだけでなく、
「転入学通知書」を発行してくれるので、必ず足を運んでください。
教育委員会で転校する学校が決定したら、次に「在学証明書」と「教科書給与証明書」を提出します。

 

最後に「転入学通知書」を提出することで、転校手続きはすべて完了です。
いずれにしても、高校などは地域の規定に従う必要があるのでご注意ください。

 

 

子供への精神面のケアについて

 

新しい地域で新たな生活を送ることは、大人でさえ不安なものです。
つまり、子供からすれば、もっと不安な状態になっているはずです。
そもそも引っ越しは子供からすると、とても辛い経験になります。

 

今まで仲がよかった友達と離ればなれになるわけですし、
それよりも新しい学校で自分が馴染めるかどうかで不安になります。
性格にもよりますが、ほとんどの子供が初めは馴染むことがでないそうです。

 

肩身の狭い思いをする可能性は高いので、子供のケアは慎重に行なってください。

 


ページの先頭へ戻る