【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

単身赴任をするとき住民票は移転するべきか

単身赴任をすることが決まったけど、週末には自宅に戻るのだから
住民票の移転は必要ないと考える人もいるようです。
しかし、それは大人の常識としてはなっていない行為です。
生活の拠点を移すのであれば、住民票は移転しなければなりません。

 

移転手続きをしていないと沢山の難点が発生することを覚悟してください。
たとえば、免許更新を新住所で更新できませんので、結局のところ旧住所で行う必要があります。
そもそも住民票の移転は法律によって定められています。

 

何らかの認められる事情がない限りは、最高額5万円の過料を取られます。
それに免許証の住所に新住所が記載されていないと、職質されたときなどに怪しまれます。
また、検問されたときにも同様です。

 

いずれにしても、転勤だからと移転手続きをしないのはNGです。
面倒ではありますが、必ず手続きをするようにしてください。
最低限の常識は通すようにするのが大人ですよ。

 

 

単身赴任なら住民票の移転手続きは必ずしよう

 

単身赴任であろうと移転するのであれば、必ず住民票の移転手続きを行なってください。
手続きをしないと、肝心の行政サービスがまったく利用できないことがほとんどです。
住民票を移転させることは確かに面倒ですが、何もしないと大変なことになります。

 

住民票の移転は、引っ越しする時に転出届を提出するようにしてください。
そして、引っ越し後に転入届を提出します。
注意したいのは、各地域によって手続きが違うということ。

 

その点は予めホームページなどで確認しておくべきでしょう。
また、移転に関しては、郵便物の転送手続きなども必要になります。
色々と手続きすることがありますが、ひとつひとつこなしていきましょう。

 


ページの先頭へ戻る