【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

冷蔵庫の霜取りの仕方とは?

冷蔵庫の霜取りが間に合わなかったら大変なことになります。
だからこそ、必ず引っ越しの前日には、すべてが整っている状態にしておく必要があります。
それに中身がからっぽの状態になっていることも必須です。

 

霜取りはコンセントを抜いて、完全に冷蔵庫の機能を止めます。
そして、ドアを開け放しにしてください。
そうすることで、冷気が逃げいていき、湿気もなくなっていきます。

 

ただし、霜が付いているとそれが溶け出してやがて水になります。
これを防止するために、冷蔵庫の中には大量に雑巾などを敷き詰めておいてください。
また、冷蔵庫の床まわりにもタオルなどを敷いておきましょう。

 

こうすることで、完全に水気を吸ってくれます。
季節にもよりますが、1日もすれば霜取りは完了するはずです。
あとは水気をすべて拭き取って、乾かしておいてください。

 

最近の冷蔵庫は自動で霜取りが出来るタイプのものがありますので、
そういうタイプの冷蔵庫をお持ちなら、取扱説明書を見ながら正しく行なってください。
最後はアルコールで消毒してきれいにしておくことも忘れずに。

 

冷蔵庫のタイプによって異なりまが、大抵リアパネルには水を受ける皿があります。
その皿に溜まった水を捨てれば、霜取りは完成です。

 

 

洗濯機の水抜きの仕方とは?

 

洗濯機の水抜きも冷蔵庫同様に重要です。
まずは給水スイッチを押して、ホースに溜まっている水をすべて出し、
軽く脱水し、コンセントを抜いてください。

 

これだけで水抜きは完了です。
作業がしやすいようにアースや電気コードはテープなどで貼り付けておきましょう。
水抜きができていないと運搬が最悪になりますのでご注意を。

 

古い冷蔵庫や洗濯機は、霜取り・水抜きに時間がかかることもあるので余裕をもって行いましょう。

 


ページの先頭へ戻る