【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

ソファーを運ぶ際の注意点について

ソファーは、事前にできる限りの工夫をして傷がつかないようにしておくべきです。
また、トラブルを起こさないためにも、事前に表面にある傷を撮影しておきましょう。
特に革やビニール製は簡単に傷がつくのでご注意ください。

 

いずれにしても、トラブルを防ぐためには、撮影しておくのが鉄則。
補償のときに有利になるのは確かですから、面倒くさがらずに撮影しておきましょう。
また、大型のソファーをそのまま運ぶのは作業効率を下げるだけです。

 

大抵大型ソファーは解体ができる仕組みになっているので、事前に分離しておきましょう。
梱包できるのであれば、クッション毎にやってしまうのがベストです。
クッションサイズともなれば、大型のダンボールには収納できるので便利だと思います。

 

ただし、クッションそれぞれがどこにあるか明確にすることは大切。
ですから、必ずしもダンボールを使えばいいというわけではありません。
クッションの材質が繊細なものは、なるべく頑丈なボックスで運んでもらったほうが賢明です。

 

 

革張りのソファのお手入れについて

 

あなたの家の革張りソファーは、きちんとお手入れしてありますか?
正しいお手入れをすることは、買ったときのソファーの風合いを保ち、
ソファーを長持ちさせるために大切となります。
そのため、ちょっと頑張ってお手入れするようにしたいものですね。

 

革製のソファーはとにかく傷つきやすいので注意しましょう。
人体の汗や皮脂などはすぐにシミになってしまうので、ケアは大切にしましょう。
また、何のケアもしないままに放置すると、革の保護膜がなくなります。

 

ですので、保護クリームなどを定期的に塗って最善の状態に保ちましょう。
保護クリームは、簡単に入手できますよ。

 


ページの先頭へ戻る