【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

お皿は重ねて荷詰めをしないように

食器を箱に詰める行為は慎重に行う必要があります。
梱包には順序というものがあり、できるだけ重いものから重ねていくのが基本となります。
ただし、形状が特殊となっているもや、アンティークなどの高価なものは、無理に詰め込むのはやめましょう。

 

もっとも安心なのは、梱包せずに自分の手で運ぶことでしょう。
また、食器などを梱包するときは必ずボトムにクッションを置くように心がけてください。
そして何よりもお皿は重ねないことが重要になります。

 

重ねれば重ねるほど、割れる確率が高まっていくのでご注意を。
割ることを防ぐためには、1枚ずつ丁寧に包んでクッション性を高めることが大切ですし、
立てて並べていくのがもっとも安全な梱包になります。

 

また、茶碗などは伏せてから詰めるのが鉄則となるのでお忘れなく。
いずれにしても食器類は割れやすいので、クッション性を高めた梱包をすることが重要になります。
また、食器を詰め込む際に隙間があるなら、そこにエアパッキンなどを入れてください。

 

そうすることで、全体を衝撃から守ることができます。
基本となるのは、ダンボール内で食器がガタガタしないことです。
最後に「割れもの注意」などのシールや記載をして、注意を呼びかけることが大切です。

 

 

食器類の箱詰めをするときには?

 

食器の箱詰めは簡単なものではありません。
誰もが食器の梱包に新聞紙を入れると思います。
確かに緩衝材の役割を果たすので、とても有効な方法なのですが、後で問題になることがあります。

 

それは、梱包に使った新聞紙が大量のゴミと化すことです。
これを防止するためには、布巾やキッチンペーパーを使うのがベストです。
そうすることで、新居でも再利用することができるのでゴミになりません。

 

工夫すれば、いくらでもゴミは減らせるので無闇に新聞紙で梱包するのはやめましょう。

 


ページの先頭へ戻る