【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

通常の引っ越しと事務所の引っ越しの料金差は?

通常の引越しと事務所の引っ越しの料金差について知りたい人は少なくないでしょう。
通常の引っ越しの場合、一人暮らしレベルであれば、だいたい5万円〜12万円が相場となっています。
一方家族を想定した引っ越しの場合は、だいたい10万円〜20万円ぐらいが相場です。

 

さて、問題となる事務所の引っ越し。
調査したところ、多くの人が事務所の引越しは、コストがかなりかかると思っているようです。
しかし、事務所の引っ越しも荷物が少なければ、それほど通常の引っ越し料金と変わりません。

 

とはいえ、オフィスが大きいともなると、それだけ大きな什器だったり、荷物も増えるはずです。
ですから、自然と金額が高くなってしまうのです。
引っ越しの基礎料金となるのは、荷物量、距離、そしてトラックの台数とサイズです。

 

あまりにも荷物が多く、遠方への引っ越しとなる場合は、
それだけの金額がかかることを覚悟してください。

ただし、荷物が少数なのであれば、事務所の引っ越しであっても、安いはずです。
小規模オフィスの引っ越しのケースでは、2万円台で済んだという声もあります。

 

 

事務所の引っ越しを少しでも安くするには?

 

基本的に事務所に使うオフィスアイテムはどれも貴重です。
だからこそ、業者は丁寧な作業をしてくれるところを選ぶましょう。
とはいえ、誰でも引越し料金は安く済ませたいものです。

 

事務所の引っ越しを安くするためのポイントとして、時間帯を選ぶということでしょう。
たとえば、フリー便などの業者都合で引越しするサービスを利用したりすると安くなります。
そして、できるだけ不要なアイテムは処分して、荷物量を減らすことが鍵です。

 

引越し料金がかさばるなら、不用品は売ってしまい、
中古のオフィス用品を新たに仕入れたほうがお得になるはずです。

 

引っ越しの際に便利な格安ゴミ処分術はこちらの記事で紹介しています。

 


ページの先頭へ戻る