【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

オフィス移転前の流れとは?

ここではオフィス移転の流れについて、簡単に説明したいと思います。
まず、移転するために大切なことは、
半年前には現在契約中のオフィスを解約することを決定しないといけません。
そもそもほとんどの契約書では、オフィスの場合6カ月前か3カ月前に解約を伝える義務があるはずです。

 

ですから、必ず半年前には解約がスムーズに進むようにオーナーと取り決めるようにしてください。
ここでホッとするのはまだ早いですよ。
さらに5カ月前をめどに新しい移転先を決めて、契約を済ませなければなりません。

 

このようにオフィス物件の移転は簡単には行きません。
常に賃貸契約について集中しておく必要がありますのでご注意ください。
それから、移転するときに注意したいのが、オーナーにはすべて必要書類をすべて提出しておくことです。

 

できれば、ここでどんなオフィスにするかの計画も明確にしておくべきでしょう。
そして4カ月前になったら、オフィスのレイアウトを進めていきます。
ですから、予定もしっかりと決めていく必要があります。

 

2カ月前になったら、社内に移転における旨を通達するようにしてください。
それに従って社員がスムーズに調整が行えるようにするのも大切なポイントとなります。
引越しの準備はだいたい1カ月前となります。

 

入念な計画をもって、オフィス移転を行いましょう。

 

 

オフィス移転後の流れとは?

 

オフィス移転が終わったら、次は業務の再開に向けての調整が待っています。
何よりも先に社員それぞれがスムーズに業務復帰できるように調整しなければなりません。
ですから、移転業者との入念な打ち合わせは必須となることでしょう。

 

可能であれば大手業者を選択したほうがスムーズに済むと思います。
なかには法人専門の業者もいるので、状況に応じて利用するといいと思います。

 


ページの先頭へ戻る