【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

レイアウト図を描くときの注意点

スムーズに移転をするためにはどうすべきか?
それはオフィスのレイアウトを明確にしておくことが鍵となります。
ほとんどの方が、レイアウトがあやふやになっており、スムーズな移転ができません。

 

移転が停滞しないためにも、必ずレイアウト図を作成するように心がけてください。
特に注目したいのが、オフィスアイテムや荷物の配置にこだわることです。
そして作成者だけでなく、誰が見ても明確になるように作成することが重要となります。

 

誰もがオフィスのレイアウトと聞くと、オフィスを綺麗にすることを目指しているようですが、
それは大間違いで、ただ闇雲にキレイになるように配置すればいいわけではないので注意してください。
オフィスのレイアウトのポイントとして挙げられるのは、新しいオフィスを理解しておくことです。

 

つまり、移転先の設備環境はどうなっているのか?
そして、執務ににおける問題点をどのように解消するか?
この2点につきると思います。

 

物件にはさまざまなものがあります。
例えば、オフィスの形状によっては設置が不可能なアイテムなどもあるはずです。
特に注意したいのが電気の配電状況です。

 

これを確認しないままにレイアウトを作成してしまうと、コストばかりがかかることになることも。
また、社員が快適に作業できるように空調設備なども重視することが大切だと思います。
新鮮な空気が流れることを意識することも大切で、
おかしなレイアウトにしてしまうと仕事効率が悪くなるだけです。

 

レイアウトに失敗すると、余計な追加コストばかりが発生します。
つまり、オフィスのレイアウトの作成は実地確認が鍵となるわけです。

 

 

働きやすい職場をつくるために

 

働きやすい職場をつくるためには、ゾーニングも鍵になると思います。
ゾーニングは、オフィスの機能を考慮したうえで、効率よくアイテムなどを配置することです。
いずれにしても、日頃の業務がしやすいかどうかだと思います。

 

言ってみれば、社員のモチベーションを上げるような職場が最適です。

 


ページの先頭へ戻る