【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

オフィス移転に伴う手続きについて

オフィス移転に伴う手続きとして挙げられるのが、各官公庁への移転手続きです。
これは必ず、定められた期日までに済ませておく必要があります。
また、たくさんの書類などを提出する必要がありますので、注意しなければなりません。

 

ひとつでも提出を忘れてしまうと、業務再開が遅れることになるはずです。
ですから、忘れないためにチェックリストを作っておくことが大切でしょう。
そして、常に手続きに漏れがないかをチェックするようにしてください。

 

とはいえ、人によっては時間に余裕がないこともあるはずです。
そんな人は、行政書士に依頼するという方法もあります。
そうすることで、すべての移転業務を一括でやってくれるので、提出に漏れがないでしょう。

 

また手続きを行う場所はたくさんあります。
法務局をはじめとして、税務署、社会保険事務所などがあります。
いずれにしても、業務に関わる場所にはすべて立ち寄る必要があります。

 

ただし、提出する書類については各官公庁で異なります。
それに地域でも違いがあるので、事前に問い合せておくことも必要になるでしょう。
オフィス移転で必要な手続きは多々ありますので、くれぐれも漏れのないようにしましょう。

 

登記簿だけではなく、名刺といったものからすべてを修正しなくてはいけません。

 

 

官公庁に対する届出の書類と提出時期について

 

官公庁に提出する書類の提出期間は、すべてが一緒ではありません。
各提出物にはそれぞれ期日が設けられているので、まずはその把握から努めましょう。
ですから、時間がないのであれば行政書士に任せるのが一番です。

 

業務移転に関する書類はもちろんのこと、消防や郵便局、警察への届けでも必要になります。
何をしなければならないのかを明確にしておくことが大切です。

 


ページの先頭へ戻る