【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

ペットの引っ越しは必ずバスケットやケージに入れて

ペットを引っ越しで運ぶ場合には、必ずバスケットやケージなどに入れてから運ぶことをおすすめします。
それは、自分でペットを運ぶ場合も引っ越し業者に依頼する場合も同様です。

 

特に交通機関など、公共の乗り物で輸送する際はマナー違反にならないことを心がけてください。
もっとも、他のお客さんの迷惑になってしまっては最悪です。
また、公共機関などでペットを運ぶ際は、バスケットやケージに入れることが義務となっています。

 

仮に自家用車で輸送する場合であっても、ペットはバスケットやケージに入れましょう。
くれぐれも勝手な判断をしないようにしてください。
例えば、いつもショルダーバッグで運んでいるから大丈夫だとか、
リードがあるから迷惑はかからないだろうといった自己判断はやめましょう。

 

ペットにとって輸送されることは、不安で仕方がない行為です。
普段よりも精神状態は穏やかではありませんので、おかしな行動を取るかもしれません。
だからこそ、しっかりとバスケットやケージの中に入れて、落ち着かせてあげることが重要です。

 

ペットの精神状態も理解してあげましょう。

 

 

引っ越し当日はペットは他に預けよう

 

引っ越し当日は誰でもバタバタするものです。
それに物を動かすことも多いですし、一気に部屋が変わることになるので、ペットはストレスを抱えます。
そこで注意したいのが、ドアを開け放しにしないことです。

 

動揺したペットは逃げ出したい一心で、外に出ようとします。
そこからペットが事故に遭ったというケースも少なくないのでご注意ください。
実際のところ、飼い主は引っ越し作業で精一杯で、ペットへの気配りが雑になると思います。

 

念の為に引っ越し当日にはペットは安全な場所に置いといたほうがいいでしょう。
ペットは人間と同様、新転地での生活は慣れないものです。
ポイントとしては、引っ越し当日はペットをバスケットやケージの中に入れておくのがおすすめです。

 


ページの先頭へ戻る