【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

自分の車で犬を運ぶ場合には?

引っ越しで犬を車で運ぶときに、車慣れしていない犬は酔いやすいと思います。
そのため、予行練習としてドライブなどで犬を車に慣れさせましょう。
いきなりの長距離移動はストレスになるので避けたほうがいいと思います。

 

車に慣れさせるステップとしては、徐々に時間を増やしていくことです。
まずは5分程度のドライブからはじめて、慣れてきたら数十分といったようにしていけばいいのです。
ただし、予行演習しても酔いやすい犬はいます。

 

ですが、酔いやすい犬であることがわかれば、事前に対策しやすくなるので安心してください。
まずは車での犬の行動をしっかりと観察してください。
そしてその行動を制御するためにはどうすべきかを考え、その対策を取れるようにすればいいのです。

 

車に慣れれば犬もストレスを抱えることがありません。
ということで、まずは楽しく犬とドライブできるように気を配りましょう。

 

 

猫も車に乗せて徐々に慣れさせよう

 

猫も犬同様に環境が変わることを嫌うペットです。
いくら家族がそばにいても、車での移動は好まないはずです。
また、猫はパニックになりやすいですし、不可解な行動を起こします。

 

典型的な例としては、車内を飛びまわったり、アクセル下に隠れるなどの行為が挙げられます。
これはドライバーにとっては大変危険な行為です。
また必要以上に鳴き続けるケースもあるので、徐々に車に慣れさせることが必要です。

 

また、車に乗ってからの反応を把握しておくことも忘れずに。
ぶっつけ本番では猫の行動が予測できませんが、ある程度どんな行為に出るか分かっていれば対策も立てられます。
ですから、焦らずに少しづつ車に乗せてあげればいいのです。

 

最終的に猫を車に慣れさせることができればいいわけですからね。

 


ページの先頭へ戻る