【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

ペットは自分で運ぶのが基本

ペットの引っ越しは、飼い主本人がしっかりと選びましょう。
しかし依頼せずには難しい場合は、ペットの輸送オプションがある業者を選択してください。
ただし、あまり知名度のない業者だと、専門業者を別に呼ぶケースがあるそうです。

 

注意したいのは運べるペットにはそれぞれ条件がつけられていることです。
つまり、ペットに負担がかかることを考えると、万が一のことも考えなくてはなりません。
ですから、理想は自分で運ぶのがベストだと思います。

 

主にペットの輸送料金は種類やサイズによって違ってきます。
それに輸送距離も料金に影響してくるので注意しましょう。
大体、予想外に高い費用が発生すると思いますので、覚悟しておいたほうがいいです。

 

特に大型動物などの輸送はしっかりと配慮して運ばないといけません。
いずれにせよ、専用ゲージなどを用意して、安定した形で運ぶのが望ましいでしょう。

 

 

ペットが車に酔ってしまった場合の民間療法とは?

 

一般的なペットである犬や猫は、あまり車に乗ることを好みません。
にはよい思い出がないということもあるでしょう。
ペットも感情を持っているので、車に乗せられる=動物病院と思い込んでいるのです。

 

いわゆる、ペットにとっては恐怖である「注射」などが原因で車を嫌います。
嫌な思い出が記憶となってペットに残ってしまうのです。
そのため、車の乗せると不安でいっぱいになり、車酔いやパニックを起こすペットもいます。

 

特に車酔いはよく見られるケースで、めまいやよだれが典型的な症状となります。
最悪な場合、吐いてしまったり、下痢をしたりすることもあります。
その対策として有効なのが、生姜のかけらを与えることです。

 

これが酔い止めとなり、ある程度はペットを安定させることができます。

 


ページの先頭へ戻る