【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

車に酔いやすいペットは酔い止めを飲ませておこう

車に酔いやすいペットは少くありません。
ですから、必要不可欠となるのが、酔い止めです。
車でペットを運ぶのであれば、必ず酔い止めを飲ませましょう。

 

引っ越しなどを行う際は、距離によっては長時間運転になることがあります。
ですから、結構な時間がかかる場合は、獣医に相談することが大切だと思います。
いずれにしても、酔い止めの薬を処方してもらったほうがいいと思います。

 

注意して欲しいのは、あくまで酔い止めはペット専用のものを与えることです。
決して人間が服用する酔い止め薬を与えるのはやめてください。
思わぬ副作用を起こす危険性もあるので、必ずペット用のものを与えましょう。

 

基本的にペット用の酔い止めは、車に乗せる1時間前に服用させましょう。
こうすることで、ペットの精神状態が安定し、眠気も起こります。
これにより、車の中で落ち着くようになります。

 

車にペットを乗せることは決して簡単なことではありません。
また、ペットとのドライブを一緒に楽しむためには予行練習が必要です。
快適にペットを車に乗せたいのであれば、それだけ飼い主が気を配りましょう。

 

 

ペットが快適なドライブができるよう工夫しよう

 

ペットが車に酔う原因は、決して一つではありません。
もっとも関連深いとされているのが、車が起こす「揺れ」だと言われています。
揺れが精神的ストレスに繋がることは証明されているようです。

 

また、車に乗せられてどこに連れて行かれるのか?といった不安も影響しているようです。
いずれにしても、車酔いを起こす原因として挙げられるのは、ストレスが大きいでしょう。
ペットは一度でも車酔いをしてしまうと、車に乗ることを嫌いになる傾向があります。

 

ですから、いかにしてペットに揺れを与えないか?
そして、車を嫌がらないか?を考えるべきだと思います。
揺れなどを防ぐのに有効なのが、ケージだと思います。

 

ペットはケージの中に入ると、精神的に安定します。
それに振動もある程度抑えられるため、緊張する可能性が低くなるのです。
ゲージにタオルを敷いて、振動を抑える工夫も有効です。

 


ページの先頭へ戻る