【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

違法業者にひっかかる前に確認しておきたいポイント

引っ越し業者だからといって、どの業者も安全とは限りません。
以下のことが守られていない業者は、悪徳・違法業者の可能性が高いです。
まずはチェックしてみてください。

 

 

違法業者と思われる特徴一覧

 

1:トラックのナンバー

引越し業者のトラックナンバーは、緑か黒がほとんど。
ただし、引っ越しシーズンなどで忙しい時期に関しては、白ナンバーを用いることもあります。
ですが、忙しい時期でない時に白ナンバーのトラックなら疑ったほうがいいでしょう。

 

2:値引に注意しよう

最初から半額などという大胆な提案をしてくる業者には注意しましょう。
蓋を開けてみれば、もともと基本料金を高くして、値引を状況に応じてやっているだけです。

 

3:サービス品が有料の場合も

いきなり見積もりが終わった時点で、荷造りに必要なダンボールを提供する業者がいます。
事実、そのダンボールを使用すると予約と取られ、強引に成約に持ち込むケースがあります。
ここでキャンセルしても、キャンセル料が発生するケースも起こっています。

 

4:見積書は入念に確認しよう

業者が本当に実在し、その詳細が明記されているかは重要なチェックポイント。
特に何が有料で、何が無料なのかをチェックしてください。
安心できる業者は、しっかりと作業内容を記載してくれます。
記載がいい加減、詳細が不明な業者は、悪徳・違法業者である可能性が高いです。

 

5:「引越し運送約款」を記載されているか?

引越し業者は、必ず成約時に出す見積もり書に、
「引越し運送約款」を契約者に見せないといけません。
これは義務となっているので、これがない場合は一発でアウト。
悪徳業者かすぐにわかります。

 

困ったら、消費者センターに相談してみてください。
もしくは、ネット上で業者検索をしてみることをおすすめします。
いずれにしても、冷静にことを運んでいけばいいのです。

 


ページの先頭へ戻る