【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

大型家電の処分方法について

大型家電はリサイクル料金がかかります。
大型家電の処分は難しいと思ったほうがいいでしょう。
ほとんどの場合、ある程度の処分費用がかかります。

 

できるだけ処分費用を抑えたいなら、海外輸出業者を選択するのがベストです。
いわゆる輸出を目的としている業者であれば、安く引き取ってくれることがあります。
このようなリサイクル業者は、全国に存在するのでチェックしてみてください。

 

基本的にリサイクル業者の間では、それぞれの家電の相場が決まっているようです。
特に一番安い費用で済むのは、テレビや冷蔵庫と言われているようですが、
なかなか上手いようにはいかないと思います。

 

相場からしても、大型家電の処分には、数万円はかかるとみてください。
しかし、業者に直接持ち込むことで割り引いてくれるサービスもあるようなので、
まずは問い合わせてみましょう。

 

 

家電リサイクル法とは?

 

家電リサイクル法をご存知でしょうか?
資源を大切にすることを第一として、クリーンな環境を目指すことを目的に、
至るところに溢れている廃棄物を少しでも減少させようといった法律です。

 

この法律は、平成13年4月1日から実施されました。
正確には「特定家庭用機器再商品化法」と呼びます。
いわゆる、生活家電を処分しようと思った時には、必ずリサイクル料金がかかるよという法律です。

 

最近の例で言えば、テレビがそうですね。
地デジ化にともない、ブラウン管テレビから液晶テレビにした方は多いでしょう。
その際、必ずブラウン管テレビはリサイクル法の対象となり、別途料金が発生したはずです。

 

とはいえ、家電リサイクル法は、すべての家電に対象になるわけではありません。
洗濯機でいえば、「衣類乾燥機」はリサイクル法から除外されます。
このようにタイプによっては、対象とならないものもあるのです。

 

冷蔵庫においても、業務用のものや、冷凍庫は除外されます。
詳しくは、家電リサイクル法をチェックしてみてください。
そうすれば、何が対象で、何が対象外なのかがよくわかります。

 


ページの先頭へ戻る