【知っとく引越しガイド】引っ越し業者の選び方で料金が安くなる!

引っ越し前の挨拶について

引っ越し前にはある程度の常識は通したほうがいいと思います。
特に住居における近隣の人には挨拶するのが一般的です。
あまり固くなる必要はなく、引っ越しの挨拶といった感じだけで構いません。

 

また、普段からそこまで付き合いのない人であっても、挨拶はしておくべきです。
だいたい引っ越しの挨拶は前日〜2日前には済ませておくのがいいでしょう。
挨拶だけでも十分ですが、特に親密だった方には挨拶の品を用意すべきでしょう。

 

大切なことは物ではなく、言葉です。
「長い間お世話になりました・・・」といった挨拶でいいと思います。
いずれにしても、引っ越しすることになったことを告げて、しっかりと挨拶をしましょう。
特に念を押しておきたいのが、「作業中はご迷惑をおかけする」ということ。

 

これを伝えておくだけでも、大分相手の反応は違ってくるはずです。
そして最後に「今後ともどうぞよろしくお願い致します」と必ず付け加えてください。
それから、旧住居での近隣で親しくしていた人にも挨拶してください。

 

この場合は、粗品を加えて挨拶するのがいいでしょう。

 

 

引っ越し後の挨拶について

 

引っ越し後の挨拶も、基本的に当日か2〜3日前にするのが常識となります。
どこまで挨拶すればいいのか?という線引きは難しいですが、
だいたい自分の家の両隣をはじめ、向かいの家には挨拶してください。

 

マンションなどの集合住宅の場合も同様です。
両隣、そして階下・上に挨拶するようにしてください。
特に挨拶の品物にはこだわらず、言葉だけでも大丈夫です。

 

仮に付け加えるとしたら、ティッシュペーパーなどの消耗品がいいでしょう。
あまり食べ物を添えるのはおすすめできません。
引っ越しの時の言葉も、素直に伝えればいいので、難しく考える必要はありません。

 


ページの先頭へ戻る